シングルマザーが離婚によってうけた心の傷を振り返ってみた

シングルマザーが離婚によってうけた心の傷

今回の記事は私がシングルマザーになったときに感じたことを書いていこうと思います。私はこんなに不幸だったと言いたいわけではなくて、私の同じ境遇にいる方の何かの足しになればと思い記事にしてみました。

まず、シングルマザーはいったい全国で何人いるのかを調査しました。

2010年の総務省統計では108万人と明記されています。

シングルマザーになる理由は

  • 夫の死別・・・8万人
  • 未婚での出産・・・13万人
  • 夫との離婚・・・87万人

シングルマザーの数

シングルマザーになる理由は、やはり離婚が一番多いです。私も離婚経験者です。通常の人生なら経験することないはずの離婚。もちろん結婚した当初は誰もが離婚するなんて思っていなかったはずですし、幸せだったのではないでしょうか?

一緒に暮らしていくうちに起こる夫婦のすれ違い。離婚理由は人それぞれでしょう。
原因が自分ではない場合に元旦那からうけた心の傷は、はかることの出来ないほどの深い傷です。

離婚によってうけた心の傷は計り知れないほど深い

離婚する事で受けた心の傷と、婚姻生活によってうけた心の傷が含まれています。もちろん子供がいたので必死に婚姻生活を続けようと辛抱する日々・離婚を決意するまでの壮絶な日々・信じていた夫に裏切られ人間不信にもなってしまうでしょう。

「子供と二人で生きて行く」と固い決心をし、決めた離婚。

離婚を決めた私はシングルマザーになる覚悟をするのは簡単でした。離婚時のドロドロした面倒なやり取り。離婚によって私は通常の方たちよりも人生経験豊富になったのかもしれません。

結婚がゴールなんてよく言いますが、結婚はゴールでもなんでもないということを離婚経験者なら誰でも身をもって理解したはずです。

離婚には非常に労力が必要です。
今まで仮面夫婦を演じてきて無我夢中で頑張り、笑う事なんて忘れてしまったのです。無理して笑う生活です。

心の傷は、体に症状としても出てきてしまった。

私の場合、痩せて寝つきも悪くなり、肌もすごく荒れてしまいました。

金銭的な問題での離婚だったので、子供を保育園が預かってくれる月曜から土曜日まで、とにかくバイトを掛け持ちして働いていました。その時は定職についていなかったのでひたすらバイトの数を増やしていました。

保育園の子供は共働き世帯なので裕福な世帯が多いとも言われています。
夏休みは長期で子供を休ませて旅行に行ったりするご家族も多かったように思います。

うちはそんなのはなく、お盆中も保育園へ。子供も毎日保育園大変だったことでしょう。保育園の休みの日はどこも行かず、逆に疲労で眠くてどこにも行けないほどでした。私はつまらない明りのない真っ暗な毎日を送っていたのです。

こんなストレス生活で胃は荒れて荒れて、しょっちゅう嘔吐するように。拒食症まではいきませんが、吐くとすっきり。離婚してからも2~3年は具合悪くなるとすぐ吐いてましたので吐き癖ついてるのかもしれません。

おかげで離婚直後は165㎝の身長でガリガリでした。

心の傷を抱えどう乗り切る?精神がグラグラ状態

離婚が成立すると、素晴らしい日々が待っていると少しだけ希望ができます。
間違いだらけの人生を送り、新しいスタートを切ったのです。子供との新しい明日が待っていると希望が一杯です。

「きっと素晴らしいはずです。」

と考える前向きな部分もありますが、離婚と共にすべてを失ってしまったと空虚な気持ちにもなりました。

友達は幸せそうな家族に囲まれてマイホームの購入、2人目の出産などの話を聞くと、羨ましくてたまりません。離婚をした自分は置いてきぼりをくらっているような気持ちになるだけでした。

ひがみっぽくなったのか、「不幸せなのは自分だけ」と思うように。

同情の視線が痛い

友人・職場・保育園の先生・ママ友達などに離婚をする旨と保育園を辞めて引っ越しをする話をすると、みんなびっくりしていました。

「えー!仲良かったのになんで?!」と。

仲など良くないです、仮面を被っていただけなのですから。
私の場合離婚を決めたら猛スピードで離婚手続きに入ったので離婚完了まで早かったです。皆がびっくりするのは当然です。予告なしの離婚報告。

たくさんの励ましと応援の言葉をもらいました。

「何かあったら言ってね。助けになりたいから」

有難い言葉です。
でも逆に同情されているというのが、ひしひしと伝わってくるのです。

同情の視線で見られ、離婚をしシングルマザーになったことで世間から指さされ、笑わられているような気がするのです。
でも事実シングルマザーになる道を選んだのですからしょうがないと思うしかありません。社会・世間が私たち母子家庭を窮屈な思いにさせているのかもしれません。

離婚直後は鬱になりやすい?

心が傷ついても誰も気付いてくれません。気付いて欲しいわけではないのです。子供の前では毅然としてないといけないのですが、離婚直後は「孤独になってしまった」とボーッとしてる事が多かったです。泣くわけでもなくボーッとしているのです。

風邪を引いた時は異常に睡眠をとれますが、心の病気も異常にやる気がなく寝ていたいのです。

とにかくだるい・やる気がない・頭痛がする。など

人と付き合うのも嫌になり友達と連絡もあまり取りませんでした。
自分から孤立するようになりました。子供と一緒にいるだけの生活で良かったのです。

心を休ませ、笑えるように

抱えきれない心の傷は、徐々に癒える事ができるのしょう。
同じような痛みを抱えて相談できる相手がいる、同じような気持ちの方がいるだけでも少しホっとしますね。

私には離婚時期に一緒に離婚を考えているママ友がいました。彼女と話すと気が楽になりました。旦那と暮らした町を離れ引っ越しをし両親のそばで安心した生活になり、新しい土地でスタートをし生活環境を変えました。信じられる人が近くにいるってすごい事です。

少しずつですが前みたいにくだらない事で笑えるようになりました。
現在は、きちんとした会社に就職してなんとか食べていけるようにもなりました。

まとめ

日常生活、子供と安心した生活が送ることが、この上ないほどの幸せなのがわかりました。離婚するのも大変ですが、離婚してからも大変です。幸せになるために頑張って行かなければなりませんね。

後ろを向いて、うじうじしていても馬鹿馬鹿しいと思い、前をむいて自分のやりたい事をやればいいのです。転んでも起き上ればいいのです。シングルマザーになる道を選んだ今の自分を好きになるか、今の自分を嫌いになるかは自分次第だと最近は感じています。

このブログを始めたきっかけも、自分を見つめなおすという理由が根底にはあります。
つたない文章で日記みたいな感じになってしまいましたが最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをお寄せください。

*