辛いことばかりじゃない!?シングルマザー歴6年目の私が感じたこと9つ

シングルマザー歴6年目の 私が感じたこと9つシングルマザー歴6年目の 私が感じたこと9つ克服方法

現在離婚を考えていらっしゃる方・離婚するかどうかお悩みの方、もちろんシングルマザーになるのは大変です。母親・父親あっての子育てを全部一人で行うからです。

仕事をし生活費・教育費を稼ぐ、家事も行い、母親業、時には父親の代わりにスポーツを一緒に行ったり、一人で抱えて行かなくてはならない事はたくさんでてきます。

シングルマザーは世間では、「辛い・大変・低所得・貧窮生活」といったイメージが連想されます。

確かに現実はそうなのですが、すでに婚姻生活は破綻しているのに好きでもない旦那と嫌々暮らす、今後一緒に生活を共にしても悪影響を与える旦那と一緒に暮らしていくより、辛くて大変でも一人で子育てをしていく人生を選択し、ささやかな幸せとともに子どもと明るい生活を送っています。

もちろん離婚しないに越したことはありませんが、シングルマザーになることに対して後ろ向きなイメージではなく、離婚することで人生の再スタートを切り、人生をやり直しするチャンスだと思い私は離婚を決断をしました。

今回は辛いことばかりではない「シングルマザー歴6年目になって感じたこと9つ」を書いてみます。

1.仕事をすることで自分の価値を見出すことができるようになった

シングルマザーの仕事

シングルマザーは、よっぽどの養育費をもらえない限り、生活費・教育費を自分で働いて稼がなければなりません。仕事はがっつりフルタイムで仕事をしている方がほとんどだと思いますが子どもがまだ小さく、発熱がちだと正社員ではなくパート形態を選択している方もいらっしゃいます。

どの仕事の形態でも、仕事をすることで皆に頼りにされたり、信頼されたり、必要にされたりすることで自分の価値を見出すことができると思います。

離婚は決めたが正社員で働いていけるかどうか自信なんてない方

私は、離婚すると決めましたが

「今まで大した仕事もしてきてないのに、自分が若い頃のように正社員になり、子どもを抱えフルタイムで仕事をこなしていくことが出来るのかなぁ・・・」

「正社員で働くのは、それなりのスキルが求められので他の社員に嫌われていじめられないかなぁ・・・」

「自分を雇ってくれる企業はあるのかなぁ・・・」

「自分に一体なにが出来るのだろうか?会社にとって必要とされる人材でないのは分かっている」

と不安でいっぱいでした。

しかしその思いとは逆に、自分が子どもを出産して専業主婦だった頃は、社会から取り残されたような感じがして、淋しい気持ちもありました。この頃は無いものねだりの贅沢ものだったのかもしれません・・・。

結婚している頃は子どもが2歳になり保育園に入園しましたが、家事との両立や子どもが小さいことからフルタイムで仕事をする事は難しくパート形態の勤務でした。

自分が離婚しシングルマザーになり、正社員での内定を頂いた時は嬉しいと同時に正直自分に勤まるのか不安で不安で仕方がありませんでした。入社初日は吐きそうなぐらい緊張していたのを覚えています。

はじめは価値を見出すどころか社内いじめにあっていました

シングルマザーのいじめ

入社して試用期間の時はすごく大変でした。案の定、親切に教えてくれる先輩もいないので自分で考えやり切るしかありませんでした。始めは教えてくれる先輩がいないのだから何も仕事を与えてもらえず、マニュアルだけを読み続けるという、いじめにも合いました。

「なにかお手伝いできる事はありませんか?」と先輩に聞けば「あなたに出来る仕事なんてありません」の返答。

毎日毎日仕事に行くのが嫌で嫌でしょうがない時期もありました。ストレスをすごく抱えてましたが、いじめより「お金を稼がなくては!」の思いが強かったのでなんとかこの時期を乗り越えることができました。

すべては子どものためと思い、必死で頑張り、毎日が勉強でした。入社して今年で6年目、現在はなんとか自分の居場所を確保でき役職ももらえ、後輩を指示・指導できる立場までなりました。

離婚して仕事をすることで、社会に触れることができ自分が会社から必要とされていると思うことができました。シングルマザーになったことで、働かならなければならい状況の中から、自分の価値を見い出せる職場に出会えることができたのです。

2.自分の給料は自分の好きなように使うことができる

シングルマザーの給料

結婚している頃は貯金どころの生活ではなかったので、離婚後の方が生活にゆとりができました。自分の好きなようにお金を使えますし、少しずつですが貯金もすることもできています。好きなものを買っても誰にも文句を言われません。

旦那から財布の中から勝手にお金を取ってお財布の中は空っぽ・通帳から勝手にお金が引き出されるなんてこともないので怯えることなく安心した生活ができるようになりました。

精神的に安定するので、イライラすることが少なくなりました。

3.子育て方法は自分だけで決められる

シングルマザーの子育て

子育てに対して一人で何でも決められます。夫婦それぞれ子育ての方法に違いあるかもしれません。子どもの成績が悪ければ母親のせいにしてくる旦那もいますし、言葉遣いが悪ければ「母親の言葉遣いが悪いからこうなった」など言われるかもしれません。

決めるのに考えてしまう習い事や子育ての方法は自分で好きなように決められます。

4.気楽な生活が送れるようになった

自由きまま

気楽と言うと誤解を招くかもしれません。確かに金銭的には非常に厳しいのですが旦那に気を揉んで生活をすることがなく自由気ままに過ごすことができるようになりました。

旦那がいないぶん、家事も手抜きしても大丈夫ですし、旦那の帰宅を待たずに就寝してもよくなりました。気を遣うことなくテレビも好きなものが見れますし、食事もそんなに多く作らないで済む。自分と子どもだけの事だけを考えて生活すればいいように変化しました。

5.子どもがのびのび過ごせる環境へ

くわがた

離婚と共に私の両親にそばに引っ越しました。とにかく田舎なので学校も少人数制のゆったり教育。自然にも恵まれ、空気は美味しく、夏には大きなカブトムシ・クワガタがいっぱい。

祖父と蜂の巣退治はしょっちゅう。玄関にカエルが、邪魔していたりします(笑)そんな自然に触れ合って過ごしています。結婚している頃は人口の多い都市に住んでいました。狭いアパートの中で夫婦喧嘩ばかりの生活を子どもに見せていましたが、現在は、子どもものびのび育つ事ができているのではないかと思っています。

6.頼る旦那がいないので、たくましくなりました

虫退治

頼る旦那がいないので何でも自分でやらなければならないのでたくましくなった気がします。車の運転、電気の配線や電球の取り換え、虫退治なども自分でやらなくてはいけないので普通の女性よりたくましくなります。

7.全力で子どもに愛情を注げるようになった

スキンシップ

旦那がいないので、子どもにすべての愛情を注いでいます。自分が仕事で毎日一緒にいれる時間が他のお母さんより少ないと思ってる罪悪感があるからか、一緒にいるときは全力で愛情を注いでます。もう本人には嫌がられてますがくっついたり、手をつないだり。子離れできないのが悩みです。

8.自分の両親を大切にできる

祖父母

離婚してからお世話になりっぱなしの両親。若い頃はそんなに両親と一緒に行動なんてしていませんでしたが、今はしょっちゅう共に行動してます。

結婚している頃はお正月は旦那の実家に行ったりしていたのでイベントも一緒にいれますし、両親は自営なので休みの日は両親の仕事の手伝いをしたり少しでもお役に立てればと思ってます。

9.子どもが母親思いになる

感謝

子どもにとっても片親なので、私の事は大切にしてくれるような気がします。ただの思い込みかもしれませんが・・・。

「疲れた」と言えば「肩揉もうか?」と言ってくれたり。学校で委員を決めるのに「放送委員やりなよ~!向いてると思うよ」と伝えると、「え~やだよ」と言いつつ、ちゃんと放送委員に立候補。

家庭訪問の時に担任の先生から「○○君、お母さん大好きですよね!」と言われ照れてしまいます。もちろん反抗もするし言ったことは全然やらない時もあります。

昨日、私の誕生日だったので、夕食はガストへ(笑)そこで誕生日プレゼントをサプライズでくれました。100円ショップで買ったシュシュとアームウォーマーでした。自分のお小遣いで買ってきてくれた気持ちに感謝。母一人子一人なのでお互いを思いやりの気持ちを忘れずに生活をできたらと思います。

まとめ

婚姻中は壮絶な生活だったので、離婚後の何もない普通の生活なだけでもありがたさを感じています。シングルマザーである限り、金銭的には非常に大変ですが、「離婚後の方が幸せ」と私自身は感じています。

もちろん離婚をしたのだから、恋愛も自由にできる権利も得ています。時間が許せるのであれば、たまにはおしゃれしてデートなんてできるといいと思っています。

できれば、新しいパートナーを見つけ再婚をしたい本音はありますが、いい相手が見つかるまではシングルマザーで強く生きていきます。子どもを守るの母親である私しかいないからです。優しく・強く・前向きに今後も生活をしていきます。最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

Comments

  1. ここ何年も離婚を考え、思い直し、踏み切れずに生活しています。出産とともに私の地元へ帰ってきましたが、田舎で旦那はなかなか仕事が続かず、二年前に単身都会へ。会う頻度も少なく、生活費もまともに入れてくれず、離婚してるも同然の生活です。6さいと3さいの息子はそれでも父親が好きなようで、子供たちのためになんとか、、、、と思って生活しています。
    今はほぼ私の給料で生活していますが、支払いも滞ることがあり誰にも相談できず苦しいです。
    こどもたちに父親の悪いイメージを持ってほしくなくて家族仲良くをモットーに育てているので離婚となると説明もどうやってしたらいいのかわかりません。

    たらたらと長文失礼しました。離婚するしないに関係なく、元気をもらえたのでコメントしました。

    息子たちがいるので私も毎日笑って暮らせています。時間はかかるけどちゃんと考えて幸せになります。

    • こんばんは、chirinさん。
      ご自身が大変なご状況のなか、前向きなコメントを頂戴し感謝しかありません。私は息子が幼稚園の頃に離婚したので父が好きか嫌いかはまだ分かっていないようでした。

      仕事をしない夫、お金を入れない夫ということでは共通するところがあります。私自身、あまりこの話はブログでは書いていないのですが、シングルマザーボックスとは違い、少し日常のことを書いているブログ「りょうこがシングルマザーになりまして」でその時のことを少し書いています。

      お子さんは、立派に成長をされているようで安心致しました。離婚をしたほうがいいとか、しないほうがいいとか、カウンセラーではないのでもちろん言えませんが、お子さんがパパと同じように大好きでもあるママであるchirinさんの笑顔が消えていかないことを祈るばかりです。よい方向に進むことを心よりお祈りしております。

      今後ともどうぞよろしくお願い致します。

  2. ぷっき says:

    うちもお金が原因で、つい先日調停離婚をしました。
    最後の最後に、子供のために入っていた学資保険を半分欲しいって言ってきたのを聞いて、ダメだこいつはって心の底から思いました。
    うちは、中1男子と小3女子ふたりの子供がいますが、今は三人で毎日楽しく生活しています。
    子供の本当の心がわからなかったのですが、小学校の先生に離婚が成立した話をした時に「最近、小3娘ちゃんがとても元気になりました。表情が明るくなりました」と言われ、やはり私の選択は間違えてなかったんだ!って確信しました。
    離婚成立したとはいえまだ元旦那連絡を取らなきゃいけないこともあり、それを考えると憂鬱になったりもしますが、子供たちと私の将来のため、追いかけてやります!

    まだ全部の記事を読めていませんが、いろいろ参考にさせていただきたいと思います。

    • ぶっきさんコメントありがとうございます。
      最近、全然投稿できず申し訳ありません。暇を見つけて頑張っていこうと思います。
      現在3人で楽しく生活できていること私も同じシングルマザーとしてとてもうれしいです。夫がいないことで今後色々なご苦労もあるかと思いますが、少しでもお役に立てるような記事がかけるよう頑張っていきます。

      また来訪してもらえるよう記事のネタ考えますね。

  3. こんにちは。
    偶然読ませて頂きました。
    私は長く揉めていましたか、この3/1にやっと離婚する事が出来ました。
    小3と年長の子供がいます。
    最近、久しぶりに体調を崩してしまいちょっと落ち込んでいましたが、RYOKOさんの記事を読み、明日からまた頑張ろう!と思いました。
    フルタイムでの仕事に家事、学校や保育園の役員、、、
    子供達も毎日遅くまで学校学童に保育園、、、
    本当に目一杯ですが、子供達と3人で幸せになります。
    両親、弟妹、まわりの友達、職場の方々、子供達の先生方、、、本当に助けてもらっていて有り難さが身にしみます。

    • まみさん3ヶ月経過しましたがいかがでしょうか?
      ご返信遅くなってしまい申し訳ありません。私も色々と忙しく全然ブログ更新ができていません(泣)

      個人の日記ブログの方は少しの時間で書いていますけどシングルマザーボックスを更新するような時間をとりたいと思います。

      PTAの役員になってからほとんど時間がありません。まみさんもお忙しいと思いますが是非頑張ってください。陰ながら応援しています。また何かあったら投稿していただけると幸いです。周りの方の助けが本当に支えに私もなっています。まみさんもお体に気をつけて新しい毎日を過ごしてくださいね♪

お気軽にコメントをお寄せください。

*